ロードバイク

ロードバイク初心者が東京から九州まで9日間の遠出の旅をしてみた話(準備編)

ロードバイクを買ったら遠くに行こう

みなさんは途方もない旅に出たいと思ったことはありませんか?
僕は、社会人になってからロードバイクで東京から九州まで9日間かけてラーメンを食べに行ったことがあります。
しかも、ロードバイクを買って間もない頃のことです。

なぜ、文明の利器が発展しているこの現代において、そんな無謀だと思われることをしたのか。
この記事では、その経緯や過程を記載していきたいと思います。

もし、この記事を読んでくれてマネしてくれるような人が現れたのなら僕の目的は達成です笑

小学生だった僕が抱いた夢

僕は小学生のときに、自転車で隣町まで行ったことがあります。
隣町まで10kmくらいの距離だったので今考えるとたいしたことはないのですが、当時の自分にとっては大冒険でした。
誰に言われるでもなく、自分の力で遠くまで行けたということに興奮や楽しさを覚えたんです。

「いつか自転車でもっと遠くへ行きたい。」

漠然とした夢が少年だった僕の胸に刻まれていました。
この夢が社会人になったときにも残っていたからこそ、ロードバイクを買うことになりましたし、
東京から九州まで行こう!と行動にうつすことになったんです。

急にできた長期連休

当時、仕事やプライベートがうまくいかなくて、もうどうにでもなれ!
という気持ちだったのを覚えています。

僕は、プロジェクトマネージャやSE担当として、普段プロジェクトに携わっています。
顧客や上司から理不尽に怒られ続け、残業時間が100時間近くになっていた時期がありました。
仕事に追われており、プライベートにさける時間もほとんどありませんでした。
プロジェクトを完遂させることしか頭になかったですね。

とにかく何もうまくいかなくて、鬱憤が溜まっていたんです。

どうしようもなくなって、筋トレをやり始めたのもそのくらいの時期ですね。

ロードバイクで遠くに行こうと思ったのは、この多忙なプロジェクトが終わったときでした。
なんとかやりきることができたのですが、この時期はプロジェクトを完遂させるために生きていたようなものなので
終わってしまって燃え尽き症候群みたいになっていたんです。

プロジェクトが終わったのは、ちょうどゴールデンウィークが始まる前でした。
上司が忙しかった僕に気使ってくれて12連休という長期の休みをもらったのですが、予定は特になし。
プロジェクトがもっと長引くと思っていたので特に予定も入れていなかったんですよね。
数ヶ月もの間激務だった僕は、急にできた長期休みに戸惑いました。
土日はだいたい寝て過ごしてましたからね。

「あれ、、、?休みの日って、なにをすればいいんだろう?」

本当にこんなことを考えていたので過度な仕事って恐ろしいです。

目的地を九州にした理由

ロードバイクを買ったばかりの僕はここにいきました!
どこにいきました!と毎週のようにSNSに投稿していました。
2日かけて実家の宮城まで行ったりもしてましたね。

友人からたくさんのコメントをもらって嬉しかったのを覚えています。
その中のコメントの一つにヤバいものがありました。

「お疲れwwwww次は九州まで来てよwww」

転職して地元である九州にいった元同期からのコメントでした。
なにをいっているんだろうこいつは。
東京から九州まで約1000kmいったい何日かかるのだろう。

でもその時は僕自身の感覚がバグってました。
冗談で書かれたであろうコメントの誘いにのって本当に九州まで行ったら面白いな。
そう考えてしまったのです。

長期連休を手にした僕はノリで実行に移すことにしました。
小学生のころからの夢を叶えるチャンスだと思いましたしね。

九州ですので、博多ラーメンを食べに行くことを目標にしました。

準備物と計画

1日の目標は?

長期休みとはいっても12日間です。
この間に九州まで辿りつかなくてはなりません。

東京、九州間は約1000km。
1日120km走れば、9日間で到着することができる計算です。
自分の実力からすると多すぎず少なすぎずっていう感じですね。

僕は日本地図と定規を準備しました。
定規で測りながら目標地点を決めていきました。

本当に雑です笑
だいたいの位置と寄りたい場所を決めました。

1日目:三島(静岡)
2日目:浜松(静岡)
3日目:名古屋
4日目:京都
5日目:神戸
6日目:岡山
7日目:広島
8日目:山口
9日目:九州到達!!

1日に6,8時間走れば到達できると考えました。

宿泊地について

宿泊地について、とても迷いました。
行く先々でホテルを予約するのか、公園や道の駅などでテントをはってキャンプ生活をするのか。

キャンプの方が夢があるなとは思ったのですが、体力的にもテントの重さ的にも今の自分には難しいと考えてホテルを選択。
当日、どこにたどり着けるのかわからないため、事前に予約はしないことにしました。

予算について

予算はざっくり1日1万円程度で計画していました。
宿泊で5,6000円食事で4000円くらいですね。

ご当地のものも食べてみたかったので、このくらいかなぁと考えていました。

荷物について

当時ローバイク用のリュックは持っていなかったので普通のリュックに背負っていきましたね。

・スマートホン
・財布
・ガーミン520J
・充電器
・サイクルジャージ1着
・パンツ、靴下2日分
・寝巻き用のジャージ
・私服
・輪行袋
・パンク修理キット チューブ2本
・スニーカー

最低限にしたつもりでしたが、ロードバイクに乗りながらだと結構つらかったです。
思い切って私服は無くしても良かったのかもしれません。
ただ、ある程度ご飯食べにいったりしたかったので念のため持ち歩いていたという感じです。
ビンディングシューズだとさすがに、街を歩くのはつらかったのでスニーカーを持っていきました。
結構かさばるので大変でしたね。

サイクルジャージは1着しか持っていきませんでしたが、
途中途中のホテルで手洗いでも洗えばいいと思ってましたし、あまり気になりませんでした。

パンパンになったリュックと相棒のロードバイクで1000kmを旅した感じですね。

実際の道のりについてはこちらをご覧ください!